• Ichinose Kiyoharu

甲州和紙 Kousyuu Washi

2022/1/10-15東京日本橋、小津和紙2F小津ギャラリーで甲州和紙/活性化プロジェクト 第一弾イベント[RE/NAME]を開催しました。山梨県の和紙の産地は、市川三郷町、市川大門地区そして身延町西島地区の2ヵ所です。主催は富士川クラフトツーリズム、今回は、会場設計を空間デザイナーを得意とするペンギンさんにお願いしました。出展した会社は6社で、それぞれが開発中の商品を展示販売しました。個々の特長も出て全体のバランスもよく仕上がっていました。

甲州和紙の定義

自然豊で、国立公園に囲まれた山梨の水を使用して、長い繊維を、手漉き・機械漉きしたもの又はその紙で加工したものを甲州和紙といい、千年の歴史があります。

市川和紙と西島和紙がその代表です。





閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示