• Ichinose Kiyoharu

甲州和紙/活性化プロジェクト


2022年1月10日から15日迄東京都中央区日本橋の小津ギャラリーで甲州和紙展RE/NAMEを開催しました。山梨県市川三郷町、身延町西島の和紙関係企業6社。富士川クラフトツーリズムの関係企業数社がこの企画に参加いたしました。市川大門地区は障子紙の産地、西島地区は書道用紙の産地として発展してきました。しかし昨今は住宅の洋風化に伴う和室の減少や書道人口の減少など右肩下がりの状態が続いています。産地知名度も、越前和紙、美濃和紙、土佐和紙、小川和紙、因州和紙になどべて低いように思われます。事業継続に向け世代を越えて様々な模索が行われる中で、新しい試みに挑戦すろこととなったのが今回の「甲州和紙活性化プロジェクトRE/NAME」でした。会場設定、飾りつけもプロの空間デザイナーにお手伝いを頂きました。その結果今までにない展示ができたと思っています。甲州和紙のロゴマークも現在進行形で進めています。今回のように様々な模索を続けることで、再び和紙が新しい立ち位置を獲得できるものと確信しています。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示